泡盛マイスターとは?

泡盛マイスター 泡盛
スポンサーリンク

泡盛マイスターとは?

泡盛マイスター

泡盛マイスターとはワインのソムリエを参考に作られた、泡盛の普及やその振興をはかるためのプロです。

日本最古の蒸留酒である泡盛の特徴を、泡盛を知らない人にも的確かつ正確に伝え、銘柄ごとの味の違いや歴史を踏まえて料理との相性や飲み方を提案し、製造方法や医学的効果、酒類全般等にも精通した総合的なアドバイザーです。

必要とされる技術

泡盛マイスターを取得するには知識だけにとどまらす、テイスティングの技術も必要です。

泡盛の風味を大きく四つにわけ、一般酒(新酒)、古酒(3年以上貯蔵した泡盛)、樽貯蔵(蒸留した後に樽で貯蔵・熟成させた泡盛)、減圧蒸留(蒸留釜の中を減圧して蒸留した泡盛)の特徴を、繰り返しテイスティングして覚えます。

また泡盛は度数によっても印象が変わるので、試験では度数を当てる問題もあります。他に同じく蒸留酒である焼酎やバーボンなどの洋酒のテイスティングもあるので、泡盛以外のお酒にも詳しくないと泡盛マイスターにはなれません。

試験は実技試験と筆記試験があり、どれか一つでも欠けると泡盛マイスターにはなれません。

他にお酒の資格ってある?

泡盛,おすすめ,書籍

お酒に関する資格はいろいろあります。

例えば日本酒に関する資格は唎酒師(ききさけし)焼酎に関する資格は焼酎アドバイザー、ビールに関する資格はビアアドバイザーなどがありますが、それらはどれも業界が独自に作ったものです。

泡盛マイスターが他の資格と大きく違う点は沖縄県知事認証の資格で、どの酒造所や団体とも利害関係にない中立で高度な知識やテイスティングの技術を有する資格だということです。

ワインのソムリエなど、アルコール飲料を提供する飲食サービスや酒類の仕入れや酒類製造などの従事経験がないと受験できない資格もありますが、泡盛マイスターは飲食店勤務の経験がなくても、満20歳以上で泡盛に興味を持っている人なら誰でも受験できます。

門戸が広く開放されているので、飲食店や販売店に従事する人、酒造所で実際に泡盛造りに携わっている人はもちろんですが、家庭の主婦、サラリーマン、転勤や移住がきっかけで沖縄に住むようになり泡盛の魅力に取りつかれた人など、様々な人が泡盛マイスターとして活躍しています。

泡盛マイスターになる方法

蒸留所の有る場所を意識して飲む~シングルモルトを知るためにおすすめな書籍

泡盛マイスターは独学で取得することも可能ですが、やはり養成講座で勉強した方が合格率は高くなります。

沖縄県内在住の人は、沖縄大学や沖縄国際大学で行われている泡盛マイスター養成講座で、泡盛マイスター協会から派遣された講師から、泡盛に関する知識やテイスティングの技術を学ぶことができます。

実技試験と筆記試験は別々に行われるので、合格するには最短でも1年かかります。

関東地方在住の人は東京都渋谷区のwine bar M(http://wine-m.jp/)で、ほぼ沖縄の泡盛マイスター養成講座と同程度の講座を受講することができ、試験も東京で受けることができます。

それ以外の地域ですと、泡盛マイスター協会から泡盛マイスター理論教本、実技教本、筆記試験問題集、テイスティンググラス等を購入して、独学で学ぶことになります。試験会場は沖縄と東京の二か所から選んで受けます。

トップへ戻る