ビールベースの人気カクテル5つ

ビール カクテル

日本人に馴染み深いお酒の一つ。飲み会のお供、みんな大好き(!?)ビール。

たくさんの国で作られており、その地域ごとに特色も様々です。

そのまま飲むことが一般的なお酒ですが、カクテルベースにも使われています。もともと度数が高くないので、ノンアルコールで割るとさらに飲みやすくなります。また、味が薄くなるので氷を入れないで作るのも多いです。

スポンサーリンク

レッドアイ

ビール

有名なカクテルです。ビールをトマトジュースで割ったもの。お好みで塩やコショウを加えることも。ビールと一緒に飲むことでトマトジュースのクセがまろやかになります。

よく冷やして飲んでくださいね。二日酔いの「目の赤い」人が、迎え酒としてよく飲んでいたことからこの名前がついた、という話が有名です。


シャンディーガフ

ビールとジンジャエールで作ります。ビールの苦味がジンジャエールで割ることによって緩和され、後味も苦味をほとんど感じません。

イギリスではシャンディとも呼ばれ、とてもポピュラーなドリンクです。


パナシェ

基本的な作り方はビールをレモネードで割ったものですが、お手軽にスプライトなどのレモン風味の炭酸飲料で代用可能です。

その時は透明なものを使いましょう。レモンの香りが爽やかで、飲みやすくとってもおいしいですよ。


ハーフ&ハーフ

ビールと、スタウトや黒ビールなどの色が濃いビールとを半分ずつ注いで作ります。それぞれ単体で飲むのとはまた違った味わいになります。

ビールも様々な種類がありますので可能性は無限です。そう考えるとわくわくしてきますね。


カンパリ・ビア

グラスにカンパリを入れてビールを加えて作ります。カンパリの苦味とビールの苦味で、独特な味わいになります。

リキュールで割っているので度数は少し高いです。さっぱりと、大人な一杯です。


いつもと気分を変えて

そのまま飲むのが大好きって方もぜひ。もっと強いお酒が飲みたいって方はウォッカやテキーラなど一緒に召し上がってみてはいかがでしょうか。お好みの一杯をお楽しみください。

トップへ戻る