リキュールを使った人気のカクテル

カクテル カクテル

リキュールとは、蒸留酒に果実やハーブ、砂糖やシロップを加えたもの。何を主原料にするかで全く異なるお酒になり、たくさんの種類があります。

果実系だとお菓子にも使えそうなおいしそうなものから、ハーブ系だとちょっと大人の風味なものまで、多種多様です。


スポンサーリンク

カシスオレンジ

カクテル

女の子が飲み会で頼む定番!?缶で売ってあるのも見かけるくらいとてもポピュラーなカクテルです。

カシスリキュールとオレンジジュースで作ります。オレンジの酸味が甘いカシスとよく合います。お酒に弱い方や、初心者の方にもおすすめです。

カルーアミルク

カルーアというコーヒーリキュールに2~3倍量のミルクを注いだものです。

ストレートに表現するとコーヒー牛乳のアルコール入り、という感じです。デザート感覚で楽しめますが、だからといってたくさん飲むとかなり酔いが回るので気を付けて飲んでくださいね。


スプモーニ

カンパリベースのカクテルです。カンパリは薬草やスパイスなど様々な材料から作られているリキュールで苦味も感じられるビターな味わいです。

グレープフルーツジュースとトニックウォーターで割って作るので少し大人なフルーツジュースといったところでしょうか。甘いカクテルに少し飽きたな、という方におすすめです。


チェリーブロッサム

チェリーブランデーとブランデーを30mlずつ、レモンジュース、グレナデンシロップ、キュラソーを各ティースプーン2杯、シェイクしてカクテルグラスに注ぎます。

名前の通り、桜の花をイメージしてつくられた日本生まれのカクテルです。


バレンシア

アプリコットブランデーとオレンジジュースを2:1にオレンジビターを加えシェイクしたものです。

飲みやすいので女性におすすめ。甘口のカクテルですが、オレンジビターの量で苦味を調整することもできます。


多彩な味わいを

今回紹介したのは5種類になりますが、他にもココナッツをベースにしたもの、グレープフルーツをベースにしたもの、ヨーグルトのリキュールなんかもあります。

おうちで気軽に楽しむのもよし、バーでしっとりと飲むのもよし、お好きなスタイルで楽しんでください。

トップへ戻る