ウォッカベースの基本カクテル5つ

カクテル、ライム カクテル

Vodkaと書いてウォッカ。大麦、小麦、じゃがいもなど原料としており、蒸留したあとに木炭でろ過をして香りを取り除いて作ります。

ですので、においはエタノールに近いものがありクセが少なくカクテルベースとして幅広く使用されています。代表的なものをいくつかご紹介しましょう。


スポンサーリンク

スクリュードライバー

カクテル、オレンジ

ウォッカをオレンジジュースで割った、とてもシンプルなカクテルです。それぞれの割合を調整できるので、お好みの濃さで召し上がってください。

一般的にはウォッカ1に対しオレンジジュースを1.5くらいでしょうか。口当たりはほぼオレンジジュースですので、飲みすぎには注意!?が必要かもしれません。


モスコミュール

カクテル、ライム

とても有名なスタンダードカクテルの一つです。ライム果汁を絞ったグラスにウォッカとジンジャエールを注いで作ります。ライムはジュースで代用もできますので、家でもお手軽に作れますね。

甘すぎず、とても飲みやすいカクテルなので初心者さんにもおすすめです。

本来はジンジャービアというものを使うのですが、日本ではジンジャエールで作るのが一般的になっています。


ソルティドッグ

グラスの縁に塩を付けて、ウォッカを注ぎグレープフルーツジュースで割ったものです。

グレープフルーツの苦味と、ジュースの甘さを引き立てる食塩と、ウォッカの絶妙なハーモニーをぜひお楽しみください。


バラライカ

ウォッカ、ホワイトキュラソー、レモンジュースを2:1:1の割合でシェイクしたものです。柑橘系のさっぱりとしたカクテルになります。


ブラックルシアン

氷を入れたグラスにウォッカとカルーアを注いで作ります。お好みで1:1~2:1で調整してください。使用するのはウォッカとコーヒーリキュールのみですのでアルコール度数は高めです。

カルーアの甘い香りと黒い色が特徴的で、名前の由来にもなっています。


飲み方は多種多様

ジュースのようにのめちゃう1杯から、すごく度数の高い1杯までいろいろ楽しめます。お好みのカクテルをぜひ見つけてみてくださいね。

トップへ戻る