ウイスキーベースの基本カクテル5つ

カクテル、コーラ カクテル

ウイスキーと一言でいっても実はたくさんの種類があります。

アイリッシュ・スコッチ・アメリカン・カナディアン・ジャパニーズとおおまかに5つに分けられ、アメリカンの中ではバーボン、カナディアンではライウイスキーが有名です。

カクテルによって使われる種類がある程度決まってはいますが、お好みで他のウイスキーを使ってもよいでしょう。


スポンサーリンク

オールドパル

カクテル、コーラ

スタンダードなショートカクテルです。ライウイスキー、ベルモット、カンパリビターを同量ずつで作ります。アルコール度数は高めですが、甘みがあり飲みやすいです。オールドパルとは「古い友人たち」という意味で、名前もとっても素敵なカクテルですね。


ゴッドファーザー

あの有名な映画をモチーフとしたカクテルです。氷を入れたグラスにウイスキーとアマレットを3:1くらいで加えます。少々強いカクテルで香りが豊かです。ちなみに、ウイスキーをウォッカに変えるとゴッドマザーというカクテルになります。


ダービーフィズ

ウイスキーにオレンジキュラソー、レモンジュース、シュガーシロップ、卵を加えシェイクします。卵が入っているのでしっかりとシェイクするとよいです。そしてソーダ水で割ってレモンスライスを添えて完成です。


マンハッタン

カナディアンウイスキーにスイートベルモットとアンゴスチュラビターを加えたものです。こちらも有名なカクテルです。カクテルグラスに甘いチェリーが飾られていてとてもおしゃれな一杯です。夜景を見下ろしながら飲みたいですね。


ハイボール

日本ではウイスキーをソーダで割ったものを指すことが一般的です。居酒屋さんでもよく見かけます。さっぱり飲めて女性にもおすすめです。痛風を患いビールが飲めないお父さんたちの強い味方でもあります。


香りの違いを楽しんで

「世界の5大ウイスキー」それぞれ特徴があり、どのベースを選ぶかでまた違った味わいになります。ウイスキーは敷居が高いなと感じる方もいるかもしれませんが、この機会に一度挑戦されてみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る