二日酔いに効く食べ物と食事

二日酔い 二日酔い

お酒を飲みすぎると起こってしまう二日酔い。二日酔いの吐き気や頭痛やだるさの症状は、本当に辛いですよね。

食欲はないけど、早くこの二日酔いの症状を何とかしたいと思うものです。今回は、そんな辛い二日酔いに効く食べ物と食事をご紹介します。

スポンサーリンク

はちみつを舐めよう

はちみつ

はちみつにはフルクトースという果糖が含まれています。この成分が肝臓機能を高め、アルコール分解を促進してくれます。

食欲がない時にも、はちみつを舐めるぐらいなら出来るのではないでしょうか。お湯に溶かしてはちみつ湯にして飲むものおすすめです。

体が温まりますし、水分補給にもなります。

柿を食べよう

柿

柿に含まれている果糖にも、肝臓機能を高め、アルコール分解を促進する効果があります。

しかも柿には、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれるビタミンも含まれています。柿も喉越しがいいので、二日酔いの朝でも食べやすいものです。ぜひ、試してみてください。

トマトを食べよう

二日酔いにトマトが効く?

トマトにはリコピンという成分が含まれており、その成分がアルコール分解に力を発揮します。

トマトがない時にはトマトジュースでも同じ効果を得ることが出来ます。トマトを食べて、スッキリしましょう。

しじみの味噌汁を飲もう

しじみの味噌汁

しじみに含まれるアミノ酸には、アルコールを分解する酵素を活性化させるはたらきがあります。そして味噌にも、肝臓の中でアルコールが蓄積されるのを防ぐ効果があります。

しじみと味噌のダブル効果で、二日酔いも緩和されることが期待できます。

食べてはいけないものは?

二日酔いの時に食べてはいけないもの

逆に、二日酔いの時に食べてはいけないものも紹介します。

二日酔いの時には、お酒の飲みすぎで胃が弱っています。そんな時に消化の悪いものを食べたら、悪化するのは目に見えていますよね。

でもなぜか、二日酔いの時に限ってポテトやからあげが食べたくなるという人もいるはず。油っこいものを食べるのは絶対にやめましょう。

生ものもあっさりして食べやすいですが、胃に負担がかかるのでおすすめできません。

炭水化物もあまりよくありません。パスタやそばも避けた方が無難です。ご飯がどうしても食べたい時には、おかゆにするなどして工夫しましょう。

二日酔いに効く食べ物を有効に活用しよう

二日酔い

今回は二日酔いに効く食べ物と食事をご紹介しました。

吐き気がする時にも食べやすい物を厳選して紹介しましたが、やはり何も食べられない時もあります。そんな時は無理をせず、少しずつ試すようにしてください。

二日酔いを出来るだけ早く解消して、今日も1日元気に過ごしましょう。

トップへ戻る