二日酔い対策!お酒の選び方と飲み方のコツ

二日酔い対策 二日酔い

誰しもが経験のある二日酔い。出来れば誰だって二日酔いにはなりたくないですよね。そんな二日酔い、あなたは二日酔いになりやすいお酒と、なりにくいお酒があるのをご存知ですか?今回はお酒と上手に付き合っていくために、二日酔い対策として、お酒の選び方と飲み方のコツを紹介します。

スポンサーリンク

二日酔いにはお酒の成分が関係する?

二日酔い対策

お酒には色々な種類がありますが、わかりやすいところで言えば、安いお酒より高いお酒の方が二日酔いしにくいと言われています。というのも、値段が高いものの方が不純物を取り除く作業をしっかりとされているからなんです。迷った時には高いお酒を選ぶようにしましょう。

二日酔いになりにくいお酒

蒸留酒やエタノールのみのお酒は二日酔いになりにくいとされています。蒸留酒とは、醸造酒を一定の温度で温めることで、その温度で揮発するアルコールだけで作られているお酒です。アルコールの種類が1種類なので二日酔いになりにくいというわけです。蒸留酒には、ジン、ウォッカ、焼酎、ウイスキー、ブランデーが当てはまります。またこれらは糖質も少ないので、体重が気になるという方にも安心のお酒です。

二日酔いになりやすいお酒

反対に二日酔いになりやすいお酒は、蒸留酒と呼ばれるものです。蒸留酒は含まれるアルコールの種類が1種類ではなく、数10種類ものアルコール成分が含まれているため、味が複雑になっています。日本酒、ワイン、ビールがそれに当たります。また同じワインでも赤ワインの方が不純物が多いため、二日酔いになりやすいとされています。

飲み方のコツ

から酒をしない

お酒を飲むときには、一緒におつまみを食べるようにしましょう。特にたんぱく質が多い食べ物、焼き鳥や枝豆、刺身などがおすすめです。比較的どこの居酒屋にも置いてあるものなので、飲み会が始まったらとりあえず頼むといいでしょう。それと合わせてアミノ酸を含む食べ物もとっておくと、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解してくれます。チーズ、ナッツ、牛肉がそれに当たります。ぜひこちらも合わせて頼むと安心ですね。

お水を一緒に飲む

お水を飲むことにより、体の中のアルコール成分が薄くなるので、酔いにくくなります。お酒の飲み途中や、お酒を飲み終わった後に飲むようにしましょう。お酒よりも多い量のお水を飲むのがポイントです。アルコールを早く排泄する手助けにもなるので、ぜひ試してみてください。

上手にお酒を楽しみましょう!

今回は二日酔い対策として、お酒の選び方と飲み方のコツを紹介しました。飲みやすいお酒は二日酔いになりやすいだけでなく、飲みやすいために飲みすぎでしまいます。二日酔いにならないためには、飲むお酒の種類も工夫して、飲み方も見直していきましょう。

トップへ戻る