日本酒の楽しみ方!きき酒ってどうやるの?

利き酒のやり方  日本酒

「利き酒」。一度は聞いたことがあるこの言葉ですが、実際に利き酒とはどういうことを指すのでしょうか。一言でいえば目利きの酒版です。日本酒の「色」、「香り」、「味」の3点を確認し、人間の感覚で品質評価を行います。


スポンサーリンク

プロの利き酒と酒好きの利き酒の違い

日本酒

お酒のプロたちが行う利き酒の基本は、シビアな減点法であり、お酒を楽しむものではありません。

ここではこのような利き酒ではなく、現在市場で流通しているいろんな種類のお酒を、お料理との相性、飲用の最適温度など、よりおいしく飲むため、そのお酒の長所見つけながら楽しんで行うものです。

利き酒のやり方 「色」

利き酒のやり方 

まずはお酒の色を見るために透明なグラス、できるなら利き猪口を使用します。

お酒には色がついているのでその黄色味などを見ます。黄金色、黄褐色、琥珀色など、自分のわかりやすい言葉で表現します。

利き酒の方法 「香り」

利き酒のやり方 

次に香りをかぎます。この時、お酒が冷えている場合、香りの立ち方が少ない場合があります。

その時はグラスや利き猪口を手で温めてやるといいでしょう。グラスや利き猪口を鼻に近づけ軽くゆすります。このとき鼻から息を吸って立ち上がる香りを上立ち香といいます。

そして軽く口に含み、口から息を吸って、下の上で「るるる」とお酒を転がすようにすると基調香というお酒のもつ基本的な香りがします。

最後にお酒を飲み込んで口から鼻に抜ける香りを試します。これを含み香といいます。

この3つの香りの印象がほぼ一緒の場合、香りのバランスがいいということになります。

利き酒の方法 「味」

利き酒のやり方 

そして味を試します。舌の先は甘味、縁辺は酸味と辛み、舌根は苦みを感じますので舌全体に転がすようにして味わいます。

また、喉にも味蕾はあり、ここでのど越しを感じます。甘味、酸味など一つ一つを比較して強い、弱いなどを感じ取ります。また、相互性、つまり一口目は甘いがだんだんと辛くなってくる、などを整理していくとよいと思います。

利き酒のコツをつかもう

利き酒のやり方 

一番に心がけておきたいのは再現性を持つ、ということです。次回同じものに出会ったとき前回と同じ表現をできるようになることです。

また、知っている限りのボキャブラリーを駆使して自分の言葉に置き換え、なおかつ次に同じものが出てきたときに頭の中の引き出しから同じものを引っ張り出して当てはめる、という作業を心がけてみましょう。書き記す、というのも一つの手です。

ですが、プロの利き酒師というわけではないのでお酒の表現方法は自由です。お酒を表現しながら飲んでみると今までと違った味わいが見えてくると思います。

トップへ戻る