季節の日本酒の楽しみ方~しぼりたて、あらばしり、ひやおろし・・・お酒の春夏秋冬

酒蔵、日本酒 日本酒

現在は一年中飲める日本酒。これは現在、技術の進歩により、製造環境を人工的に整えることができるようになったため実現されました。

しかし、本来日本酒は、秋に収穫された米を冬から仕込み始めるというように出荷時期が決まっていました。つまり、日本酒にも旬があるということです。


スポンサーリンク

日本酒の旬

日本酒

冬の寒い時期に仕込む日本酒が一番おいしいとされ、大手メーカーではない多くの酒造がこの時期にお酒を仕込んでいます。すると清酒は一般的に夏の間は熟成され、秋頃に新酒として出荷されます。この時期が本来の旬となります。しかし、日本酒が出荷されるのはこの時期だけとは限りません。

最初に出てくる旬なお酒

酒蔵、日本酒

日本酒は、仕込みから酒母、醪(もろみ)を経て上槽(じょうそう)と呼ばれる熟成された醪を圧搾して酒粕と酒に分ける作業を行います。本来はここでろ過、火入れを行い、夏の間熟成させ、秋口にもう一度ろ過、火入れを行ってから出荷されます。

生酒はこの2回の火入れを行わずに出荷されたものをいいます。特に上槽で搾られたばかりの早春から春の間に出荷される生酒を「しぼりたて」と呼びます。このお酒は、上槽したてですぐに出荷されるので炭酸をわずかに含んでおり、フレッシュな味わいとなります。


生酒の中でも希少な「あらばしり」

上槽を行う際、槽の中に醪の入った酒袋を積んでいくのですが、この時に積んだ重みのみで出てくる白濁したお酒を「あらばしり」といいます。ちょっと粗削りではありますがその分香りが華やかで特にフレッシュな味わいを感じることができます。このあらばしりもしぼりたてと同じ時期に出回ります。


秋の風物詩「ひやおろし」

日本酒、秋

上槽したお酒を一度火入れし、夏の間熟成させ、秋にお酒が外気とともに冷えたころに火入れを行わずに出荷されるお酒をひやおろしといいます。

このひやおろしはフレッシュで荒々しかった搾りたての時期より柔らかく、濃密なとろみが特徴です。気温が下がってくる9月から11月頃に出てきます。


一年を通して様々な顔を持つ日本酒

このように冬から春にかけてしぼりたてやあらばしり、夏には生酒、秋にはひやおろしと、同じ銘柄の日本酒でも季節によって味わいや香りが全く違うものが出てきます。

もちろん吟醸酒や純米酒などの特定名称の違い、山廃仕込みなどの製法の違いなどもありますのでその組み合わせは無限大ともいえます。この中から自分好みの日本酒を見つけることが日本酒を飲むうえで最も楽しいことの一つではないでしょうか。

トップへ戻る