日本酒に合う料理が知りたい!日本酒のタイプ別おすすめおつまみ

日本酒、つまみ 日本酒

日本酒は単体でも十分に楽しめますが、料理とともに楽しむ、ということもできます。ただ、お酒と料理の相性を考える際、お酒も料理も種類が豊富で深く考えれば考えるほど混乱してしまいます。

基本的には自分がおいしいと思う組み合わせで難しく考えずに楽しめばいいのですが、ある程度の目安があると考えやすいかもしれません。


スポンサーリンク

日本酒の4つのタイプ

日本酒、つまみ

日本酒は、味と香りで4つのタイプに分けることができます。タイプに合わせてそれぞれ相性のいい料理があります。

ここでいう4つのタイプとは香りの高い「薫酒」、軽快で滑らかな「爽酒」、コクのある「醇酒」、熟成された「熟酒」のことを言います。それぞれのタイプについて詳しく見て、おすすめのおつまみを紹介していきます。


華やかな香りとさわやかな味わい「薫酒」

吟醸酒や大吟醸酒に多いこのタイプは食前酒にも向いています。果実や花のような華やかな香りが高く、軽快で爽やかな味わいが特徴のお酒です。

風味の強い料理にはあまり向かず、淡白で素材を生かした調理法である白身魚の刺身や山菜のおひたし、棒棒鶏などがおすすめです。


清楚な香りと爽快な味わい「爽酒」

生酒に多く見られるこのタイプはどんな料理にも合うマルチプレイヤーです。香りは控えめで、ほのかな甘みとフレッシュ感のある酸味が特徴のお酒です。

脂っこい料理にはあまり向いておらず、軽快な旨みと淡い味付けの料理に向いています。だし巻き卵、ポテトサラダ、冷奴と相性が良いです。


ふくよかな香りとコクのある味わい「醇酒」

このタイプのお酒は食中酒に最適で純米酒に多く見られます。樹木や石、米そのものの香りを感じさせ、充実したバランスの良い旨みを持ち、伝統的で王道な日本酒です。

しっかりとした味付けで、深い旨みとコクのある料理に向いています。焼き鳥やフライドチキン、焼き餃子など、おかずの一品としても楽しめる料理とよく合います。


熟れた香りと芳醇な味わい「熟酒」

ドライフルーツやスパイスなどの複雑性を持った熟成香を持ち、とろりとした甘味や深い酸味をもつこのタイプは何年も寝かせた古酒に多く、食後酒にも適しています。

チーズや豚の角煮、シューマイなど濃厚な味付けや油の多い料理と相性が良いです。


好みの相性を見つける楽しさ

お酒と料理の相性は他にも同調・調和・爽快・産地など、様々な要因がかかわってきます。

あまり固定観念にとらわれることなく、様々な組み合わせを試して自分に合ったバッテリーを探してみるのも日本酒を楽しむ秘訣です。

トップへ戻る