ハイボールを楽しむーウイスキーの造りを考えた飲み方

ハイボール,楽しみ方,飲み方 シングルモルト

ここ数年ハイボールが流行っています。その流れで、ハイボールが缶で売っていたりもします。

ジョッキでハイボールを飲ませている店もあります。それはそれで良いですが、シングルモルトを使って他に楽しみ方は無いのか?ということを考えましょう。

スポンサーリンク

意外においしかったトリスのハイボール

私はあるBARで、なんだか飲みたいものがなくトリスのハイボール、500円を飲んだことがありました。そしたらそのハイボールが絶品だったのです。

狭いBARで、主人一人が切り盛りしているような店でしたが、その主人が…、バーテンダーと言った方が良いかな…(?)がこだわり屋さんで、トリスの旧ボトルをかなりストックしてあるとのこと。

しかし私は特にトリスファンでは無いし、トリスの旧ボトルの良さも解らない。きっとあれはバーテンダーの腕なのだと思いました。

どんな楽しみ方が有るの?

そのシングルモルトの味わいを利用する方法が有ります。

例えばスカイ島のタリスカーは独特な味わいですよね。アイラモルトでは無いのにピート香りがあり、島なので当然ですが塩の味わいが有ります…ちょっと酸味も有ります。このタリスカーをハイボールにして美味しく飲む。どうしたら良いと思いますか?

なんと胡椒を入れるのです。独特の味わいのハイボールに成ります。少し前にタリスカー蒸留所からタリスカー・ストームが販売されました。これはペッパーの風味を利かせたシングルモルトです。

ですから、ストームが出る前からタリスカーに胡椒を入れてハイボールにしていた人は大正解という訳です…ただ好みは有ると思います。

他にどんなこだわりを出せる?

ブレンデットウイスキーには、グレンウイスキーと幾つかのシングルモルトがブレンドされていますね。その中には、キーモルトというものが有ります。

比較的多くブレンドされているモルトのことです。例えばバランタインであれば、アードベッグ、スキャパ、ミルトンダフ等、ジョニ黒でしたら、ラガヴーリン、タリスカー等があります。

…ここまで来たらやりたいことが解りますね?

そう、バランタインのハイボールにキーモルトをフロートする。ジョニ黒のハイボールにキーモルトをフロートする。もともとブレンドされているシングルモルトなんですから、相性悪い訳ありませんよね。

自分なりの楽しみ方を

他にも工夫は色々有ると思います。そのシングルモルトの味わいを吟味しながら美味しいハイボールを楽しんで下さい…、グレンモーレンジ・オリジナルに柑橘系果汁を加えたハイボールも美味しいかも?

トップへ戻る