ジャパニーズウイスキー~その歴史、品質と世界の評価

ジャパニーズウイスキー,評価 シングルモルト

少し前にNHKの朝ドラで竹鶴政孝さんについてのドラマが放映されたので、ウイスキーに関心有る人も無い人もジャパニーズウイスキーの歴史について有る程度知るところとなっていると思います。

スポンサーリンク

どんな歴史でしったけ?


簡単に言いますと、現在のニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝さんは、現在のサントリーで働いていました。その時、日本でも本格的にウイスキーを造るため、竹鶴さんがスコットランドに勉強に行かされました…勿論本人も行きたかったのです。

スコットランドから帰って来た後サントリー山崎蒸留所の工場長として働いた後、独立し北海道の余市に蒸留所を造ります。二か所の蒸留所でブレンドしたウイスキーを造るのがベストと考えていた竹鶴さんはその後、宮城県の宮城峡に2つ目の蒸留所を造ります。

その後サントリーも山梨県の白州に蒸留所を造りました。
それが大きなウイスキー業界の流れですが、その間に富士御殿場や軽井沢で他メーカーが蒸留所を造りましたし、現在では埼玉県秩父市のイチローズモルト等、ベンチャー企業が蒸留所を持っています。因みに軽井沢蒸留所は既に閉鎖されています。

それでジャパニーズウイスキーって美味しいの?

皆さん美味しいと思って飲んでいますよね。気になるのは世界の評価でしょうか? 本場スコットランドと比べてどうなのか、という事ですよね?

ジャパニーズウイスキーは世界でも評価されています。例えば、イギリスのウイスキー専門誌主催の国際コンクール「ワールド・ウイスキーアワード」ではこれまでニッカウヰスキーの”竹鶴”やサントリーの”山崎”が世界最高ランクを度々取るなど評価の程が解ります。

どうしてジャパニーズウイスキーは美味しいの?

ひとえに、会社や職人の真面目さに有るのではないかと思います。

正直言って、ジャパニーズウイスキーのシングルモルトは高いですよね。なんで本場スコットランドのシングルモルトより高いのでしょう?

一つ考えられるのは、製造過程のコストだと思います。良い機材を使うとか、良い原料を使うとか…、すみません、想像の世界です。

でもそれは真面目さの表れとも言えますよね。企業の職人気質、日本人気質が美味しいシングルモルトを造っているのだと思います。

サントリーとニッカという二大ウイスキー会社は竹鶴政孝が渡り歩いた会社という事もあり、決して悪い仲では無いような気がします。

良い意味でのライバル意識を持ってお互い成長して頂き、いつの日か山崎、白州、余市、宮城峡、四つの蒸留所のシングルモルトをブレンドした、ピュアモルトウイスキーを飲めたら良いな~と思うのは私だけでしょうか。

トップへ戻る