ワインって開栓した後は飲みきった方がいいの?劣化させないための保存方法

ワイン,開栓,劣化,保存,保管,方法 ワイン

お店だと、軽めのワインからしっかりしたものまで、色々と飲める分だけ注文できるのが嬉しいけれど、実はちょっと割高ですよね。だから私は、飲みたいワインをリーズナブルにゲットして、自宅でゆっくり愉しむスタイルも好きです。

でも、家でボトルを開けた時に全部飲みきることができないと、残ったワインをどうしたらいいか困ってしまう…家飲みワイン派の方なら誰しもが経験したことのある悩みかな、と思います。

せっかくのワインです、捨ててしまうなんてもったいない!そんな時に役立つ賢いワインの保存方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

開栓したワイン保存の基本の「き」!保存期限は何日間?

ワイン,開栓,劣化,保存,保管,方法

まずは、開栓したワインの保存に関する超基本的な「保存期限」についてです。ワインの種類にもよりますが、一般的には一度あけたワインの保存期限(味が変わらず美味しく飲める期限)は以下のように言われています。

  • 白ワイン:2日〜3日程度
  • 赤ワイン:4日〜5日程度

※赤白かかわらず「甘口」や「極甘口」と言われる糖度が高いワインの場合は、数日〜1ヶ月ほど保存可能なものもあります。

ただし!これはちゃんとした方法で保存した場合のお話。保存方法を誤るとワインはすぐに劣化してしまい、美味しさが台無しになってしまいます。

ワインの劣化を抑えるために、とりあえず冷やすのが鉄則

ワイン,開栓,劣化,保存,保管,方法

ワインは温度によって熟成のスピードが変化する飲み物です。

温度が高いほど急速に変化し、低いほどゆっくりじっくり変わっていきます。ましてや一度開栓して空気に触れてしまったワインは、常温のまま放っておくとすぐに傷んでしまいます。

なので、開栓後のワインはとにもかくにも冷蔵庫へイン!できる限り変化を抑制し、少しでも長くもつようにしましょう。

味わい維持の決め手はボトル内の「空気の量」だった!

ワイン,開栓,劣化,保存,保管,方法

一度開けたワインの味がどんどん劣化してしまうのは、ずばり空気に触れることによる「酸化」が原因です。

逆に言うと、ワインを少しでも長持ちさせるためにはできるだけ空気(酸素)との接触を断つことがカギとなってきます。どうやったらワインを酸化から守ることができるのか…

そのポイントを、簡単なものから3つご紹介します!

ワイン,開栓,劣化,保存,保管,方法

1.冷蔵庫に「立てて」保存

立てることで、できるだけワインがボトル内の空気と触れる面積を少なくしましょう。これだけでも、だいぶ持ちが変わってきますよ。

2.ワインストッパーで外気を遮断!

外からの空気の侵入を防ぐには、密封性の高い500円〜1,000円ほどでゲットできる、ワインストッパーを活用するのがお勧め。

カラー ワインストッパー&ポアラー ワインレッド8302

新品価格
¥455から
(2017/8/31 04:43時点)

さらに、ポンプでボトル内の空気を外に追い出し瓶内を真空に近い状態にすることができる「バキュームポンプ」型のものを使用すると、より効果的です。こちらは1,000円〜2,000円くらいで提供されています。

VACUVIN バキュバン ストッパー2個付き V-20

新品価格
¥1,644から
(2017/8/31 04:42時点)

3.「ガス」の力で徹底的に酸化を防止

絶対に絶対に酸化させたくない!という方は、専用のガスボンベを使って瓶内にガス(窒素と二酸化炭素)を噴射し酸素を全て追い払ってしまいましょう。こちらも2,000円前後で入手可能です。

ひと手間でワインの風味は長持ちする!

ワイン,開栓,劣化,保存,保管,方法

一度開けたワインはその日にうちに飲んでしまいたいと思っても、なかなかそうはいかないものです。そんな時でも一手間加えるだけで、ワインがぐぐっと長持ちします。

2日目のカレーならぬ2日目のワインを、より美味しく愉しむために、今日からぜひ実践してみてくださいね。

ワインを保管するのはワインセラーがおすすめな理由とその選び方
数年前ワインの本場フランスへ旅行した時、それはそれは美味しい赤ワインをご馳走になりました。その後、そのワインの味が忘れられずにずっと探していましたが、なかなか見つけられず…。 しかしある時偶然「数本限りの限定入荷」というニュースに遭遇...
トップへ戻る