泡盛の飲み方~割り方、タイミング

水割りに柑橘類をちょっと絞ってみる 泡盛

蒸留酒である泡盛は不純物(糖分やアミノ酸や脂肪、ミネラル、エキス)が除去された状態で、不純物が混じった醸造酒よりも肝臓には負担がかからないため、アルコールを分解しやすく、二日酔いしにくいということがわかりました。

とは言え、一般的な泡盛は30度。飲み方にも一工夫が必要です。

スポンサーリンク

まずは基本の水割り

泡盛の原料

沖縄では泡盛を飲むときは水割りが主流です。30度の泡盛でも1:1の水割りにすると度数も半分の15度になり、度数的には日本酒と同じになります。

しかも蒸留酒である泡盛には糖分は含まれないのでカロリーも控えめ。

糖分を含む日本酒は100mlで100~110cal、一般的な30度の泡盛は100mlで約120calですが、これを水で半分に割るとカロリーも約半分の60calになります。

一見、泡盛のカロリーの方が高そうですが、日本酒はストレートで飲むのに対して、泡盛は水割りで飲むことが多いで、割ることによってカロリーを抑えることができます。もちろん水割りの割合を1:2、1:3とすると、カロリーも日本酒の3/1、4/1とより低くなります。

コーヒーで割ってみる

コーヒーで割ってみる

噂の県民ショーでも紹介されて有名になりましたが、沖縄では泡盛のコーヒー割りもよく飲まれています。

泡盛の水割りを作って最後にアイスコーヒーを足します。ブラックコーヒーで割ることが多いですが、好みで微糖のコーヒーで割っても美味しくいただけます。

水割りに柑橘類をちょっと絞ってみる

水割りに柑橘類をちょっと絞ってみる

沖縄にはシークワサーという柑橘系の果物があり、水割りに果汁を絞って飲むことも多いです。肉料理や揚げ物などを食べる時に飲むと、さっぱりします。シークワサーがないときはレモン果汁、グレープフルーツジュースで割っても美味しくいただけます。

お茶で割ってみる

コーヒーは苦みが強いので、泡盛の水割りを作って最後に少量コーヒーを足しますが、お茶で割る時はそのままお茶で割ります。ウーロン茶、ほうじ茶、ジャスミン茶などと相性が良いようです。

炭酸で割ってみる

ハイボールやサワーのように、泡盛を炭酸で割ると一段と飲みやすくなります。
クラブソーダで割って、シークワサーやレモンの果汁を絞ったり、ジンジャーエールやコーラで割っても美味しくいただけます。

泡盛と料理の相性

糖分を含まない泡盛は比較的料理を選びませんが、特にボリュームのある肉料理やチャンプルーなどの炒め物や揚げ物などにあいます。泡盛や切れがいいので、こってりとした焼き肉やステーキを食べる時にもぴったりです。また意外なところでは香辛料の効いたタイ料理や韓国料理にもよくあいます。

泡盛を飲むタイミング

泡盛に合うおつまみレシピ5選

お酒は飲むタイミングによって食前に飲む食前酒、食事をしながら飲む食中酒、食後に飲む食後酒に分けられますが、泡盛はすべてのタイミングに対応できます。

食前酒とは食欲増進の効果がある比較的度数の低いお酒で、梅酒、ビール、スパークリングワインなどが向いているとされます。薄めに作った泡盛の水割りや泡盛の炭酸割りは食前酒にぴったりです。

食中酒は料理を引き立てつつ酒の旨さも引き立つお酒で、キレのよい泡盛はまさに食中酒向き。泡盛は和洋中華どんな料理にもあいます。基本の水割りはもちろん、中華料理には泡盛のウーロン茶割り、和食には泡盛のほうじ茶割りや緑茶割りをあわせるのも良いでしょう。

食後酒とは食事の満足感を高めるために食後に飲むお酒で、芳醇で濃厚な味や香りのお酒が向いているといわれます。

3年以上貯蔵させた泡盛を古酒(クース)といいますが、バニラやメイプルシロップのような甘い香りがして、さらに角が取れて口当たりもまろやかになるので、食後酒にぴったりです。お土産にいただいた泡盛で3年以上経っているものがあれば、泡盛には賞味期限はないので、ぜひ食後酒として飲んでください。

また食後のコーヒーが欠かせない人は、コーヒーが多めのコーヒー割りにするとよいでしょう。

トップへ戻る